ハイパーリバ邸って駆け込み寺シェアハウスに住みついてみた

スポンサーリンク

少し前から三軒茶屋にある某シェアハウスに住みつきました、ライターの中馬(@chuuuuuman)です。この記事はちょっとした事後報告です。

某シェアハウスとは、ブロガーさんにはお馴染みハイパーリバ邸です。知らない人は悠々自適に暮らすノマドワーカー達が運営する駆け込み寺と思ってもらえたら大差ないはずです。

興味がわいた方はこちらの公式ブログをみてみてください。面白い人たちがたくさんいます。

私がリバ邸に行った理由

ハイパーリバ邸に住めることは嬉しいし、ありがたいし、三軒茶屋は本当に良いところ。

だけど、もともとリバ邸に住もうと思っていたわけではありません。

元にいた場所も今でもすごく好きなので、月の3分の1くらいはまだそっちにいます。

ただ、なんとなく何かを変えたくて、別の拠点がほしいなと探していました。

貸しオフィスも考えたんだけど、移動時間がもったいなく感じてしまったんですよね。

なにより、私が仕事をしたい夜間に開いている貸しオフィスがないんです・・・。

でも、家を探すにしてもノマド悲しく目的地(勤務地)がない。ノープラン過ぎて、どこに住むか決めかねていました。

そんななか、リバ邸の住民さんが空いていると教えてくれて間借りすることになりました。

結論からいうと、生かされてるなって思うことが増えたり、すごく良い変化だなって思います。

思っている以上に生かされていた

リバ邸ってすごいんですよ。水とか、洗剤とかが、色んなところから届くんです。

Amazonの欲しいものリストってあるじゃないですか。そこから誰かが善意で送ってくれるんです。

聞いたら、設立してから水を買ったことがないそうです。

でね、住人の人たちも当たり前のように私に洗剤とか水とかを使わせてくれるんです。

すごいですよね。私、送ってくれた人の顔とか性格とか何も知らないのに・・・(ちょっとずつ名前を覚えるところから始めてます)

人生ってこんなに生かしてもらえるものなんだなって、人ってこんなに優しいんだなって思いました。

余裕のある人になる

もっといえば、住人の人達は自分の無理ない範囲で、技術とか物とか知恵を「おすそ分け」してくれるんです。

そこが、駆け込み寺★ハイパーリバ邸ゆえの懐の広さなのかもしれませんけど・・・。

普通、板前さんの料理はお金を払って食べさせてもらうじゃないですか。

普通、コンサル業してる人に相談にのってもらったらお金払うじゃないですか。

なんか、技術とか時間とかにしがみついていない感じが、私にはない感覚だったんですよね。

余裕をもって使っているのその雰囲気が、すごく良いなって感じました。同時に「ああ、私、まだ何もできないなあ」とも思いましたね(笑)

だから、私もおすそ分けができる人になります!

無理しておすそ分けしても意味ないので、そういう余裕のある人に私はなる!

とにかく、月の3分の1くらいはハイパーリバ邸にいます。ぜひ飲みにきてください(^^)/

スポンサーリンク