前にすすむための3ポイント。プロのコーチングを受けてみた。

スポンサーリンク

先日、プロのコーチングを受けてきました。

f:id:chikuze:20160425164019j:plain

雨の中ね!!だからいいじゃんボサボサでも!

コーチングとは?

まずコーチングとは?

達成したいと思う目標を、自ら決めた方法で積極的に素早く達成することができるようにするコミュニケーションサポート。

個人的な特性と強みを活かし、その人が本来もっている能力と可能性を最大限に発揮することが目的。自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すこと。

http://www.c-coach.jp/learn/

 改行など編集させていただきました。

 

わたしがコーチングを受けるのは今回が初めて!ドキドキのさなかでしたが、勉強になることが沢山ありました。その中から、前にすすむために大切な「前にすすむために大切な3つポイント」をまとめます。

 

①疑問や夢を、声に出して伝えること。

一つめは、疑問や夢を、声に出して伝えること。それをすることで、要らない装飾をそぎ落とした、本当の疑問や夢が見えてきます。

 

コーチング前に「余裕があればセッションを通じて何を得たいかを、考えておけるとナオヨシ!」と言われていたので、けっこう具体的に考えてました。(もともと色んなことを考えて、妄想して野望化するのが好きなので・・・)

でも、「じゃあ今日相談したいことは?」なんて話をしはじめたら、さらに疑問が凝縮されていって、洗練されたコアな疑問に。中には話しているうちに、こうすればイイじゃん!なんて答えが自分から出てくることも。

 

自分ひとりで考えていた時は、「こんな風にしたいんだけど、コレとアレが問題で、でもこうするとアッチがただずで~」なんて、堂々巡りだったのに・・・。

 

f:id:chikuze:20160425160911j:plain

 

これは、話そう、伝えようとしたから。

「いざ話そう!」とすると、やっぱり理解してもらいたくて、わかりやすいように表現する。いらない部分は省略するし、「何がそんなに嫌なの?」と聞かれれば、「何が」に注目して考える。結果的に、考えているだけだった時よりも、自分にしみこむ。

 

これを繰り返していくうちに、自分の本当の課題や目標、夢が見えてくる。

攻略するには敵をまず知ること・・・なんていうけど、前に進むために、今の現状やゴールを知ることは必要不可欠です。

②第三者視点でみる。~ジョハリの窓~

1つめの声に出すことで、自分の中で気づけることも沢山ある。でも、プラス「第三者視点でみる」のを加えれれば、鬼に金棒だと思う。

 

コーチングで声に出して伝えていくうちに、わたしの野望までの課題がかなり明確になりました。でも、この野望の種はもともと自分で持っていて、それに要らない装飾がまとわりついていたんです。重要なのは、ここからどうしたらいいのかってこと。

なんとなく方法はあるものの、コッチをたてればアッチがたたず・・・みたいなこと、ありますよね?

 

隠していても仕方がないので、そのままドバドバと伝えました。(笑)

すると、自分の中では全く意図してなかった返答をもらえたんです。ジョハリの窓でいう、盲点の窓をめっちゃ開け閉めされました。

 

f:id:chikuze:20160425151200p:plain

 

ジョハリの窓とは、自分が知っている自分と、他人が知っている自分を、図のようにカテゴリー分けする心理学モデル。

  • 開放の窓自分も他人も知っている自己
  • 盲点の窓自分は気がついていないが、他人は知っている自己
  • 秘密の窓自分は知っているが、他人は気づいていない自己
  • 未知の窓誰からもまだ知られていない自己

人はこれらの4つの窓を持っていて、自分の要素はどこに分けられるのか・・・って話。こういう話、わたし、とっても好きだから・・・、知ってたんです、ジョハリの窓。悔しい~!!

色々なヒントをもらって、ウダウダ言って、「ジョハリの窓って知ってます?」と決定打をうたれるまで、知識は出てきませんでした。本当に悔しい・・・。

 

まあ、自分で気づけちゃったら盲点の窓ではないですからね・・・。それに知識が無駄って言いたいんじゃありません。こういう知識をためているからこそ、「ああ、自分にとっては盲点だけど、第三者からしたらそう感じるのか」と、即受けとめることができましたから。

 

ただ、本当に大事なものについて考えてる時って、人は盲目だと思いました。

自分にとって大切なことは、ついつい、がむしゃらになりがち。でも、前に進むってことに重点をおいたら、まわりに頼ったっていいですよね。

 

 

③決めるのは自分。

最後に、一番大事なことを。前に進むためには「自分できめること」が最重要です。

今回のコーチングはTakuyaさんにお願いしたんだけれど、結局、最終的にどう行動していくのかは自分で決めさせてもらえました。

 

f:id:chikuze:20160425161125j:plain

 

結果、5日後の今日までに決めたことの、8割には着手できましたこの行動力やはやさは、まぎれもなく自分で決めたからこそのものだと思って、すごく感謝してます。

小さい時に、「片付けなさい!」って言われてからやるのと、自分で片付けようって思ってやるのだったら、後者の方がはやく、よりキレイにできませんでしたか?

大人になっても、禁煙とか早起きとか、自分でやるって決めたことの方が長続きしたりして。人は自分で決めたことが一番納得できるし、一番実現できると思います。

 

コーチングは、色々な選択肢を与えてくれて、具体的な策を展開してくれる。

けれど、前に進むための重要なポイントは、自分で稼がせてくれるんですね。

 

 

コーチングをしてくれたのはTakuyaさん!

今回コーチングをしてくれたのは、メンタルコンサルタントのTakuyaさん。

 

f:id:chikuze:20160425154500j:plain

 

さすが、プロでした。

心理学というものが好きだし、カウンセラーの方にカウンセリングしてもらったり、仕事の関係で専門家の方にインタビューさせてもらうことはあったのですが・・・。

個人コーチングというのは、新しい発見ばかりでした。

 

ていうか、コーチングに使ったカフェが、可愛くてテンションあがりました。

f:id:chikuze:20160425155022j:plain

こういう電燈とか、窓とか好き~~!おしゃれ~~!

コーヒーについてきたクッキーが美味しかったあぁ!!

f:id:chikuze:20160425155012j:plain

 

話を戻しますが、Takuyaさんは、学生IT起業家だったり、キャリアカウンセラーだったり、ビジネスの場にも力を発揮してきた人なんですよね。(笑)

心理学的な知識の伝えかたも勉強になったし、フリーランス、ビジネス社会の先輩としても、すごく刺激をもらいました。

Takuyaさん、これからも応援しています~!

 

Takuyaさんブログ ▶ ゆるゼミ

TakuyaさんTwitter ▶ @TakuyaKasamatsu) | Twitter

個人コーチング申込み ▶ 【個人セッションのご案内】-ゆるゼミ

 

 

前にすすむために、まとめ。

前に進みたいと思ったときは、色々な装飾をはがして、本当に自分が求めるものにむかっていく。それを繰り返したところにあるのは、「みんながちょっとずつ、今より幸せな世界」だと思います。そんな世界にしていきたいですね!

 

スポンサーリンク