貴志祐介著 眠れなくなるオススメ本4選。ホラーを読みたい人にも。 

スポンサーリンク

貴志祐介さんのオススメ本を、4作品までまとめてみました。

わたしが初めて読んだのは高校生の頃。大人になれば恐怖心って薄れるものだと思ってたんですけど、貴志祐介さんの著書は含まれないみたいです。(笑)いつ読んでも恐い。

眠れなくなるホラーを読みたい人にもぜひ。

f:id:chikuze:20160324184716j:plain

クリムゾンの迷宮

幼き日のわたしには強烈なインパクトを残した今作。わたしが初めて読んだ貴志祐介さんの著書です。(これが初めてって人、多いですよね)

火星を模した土地で始まるサバイバルゲーム。主人公の手元にあるのは、携帯ゲーム機だけ。そのゲーム機には、嘲笑うような表情のネズミのキャラクターが。

ここ、ありがち・・・と思うかもしれませんが、そこは貴志祐介さんの代表作。巧妙にしくまれた伏線で、まさかのラストが待っています。「インシテミル」とか好きな人は大好きだと思う!

 

 

がっつりゲームボーイ世代なので、ゲーム機を基に話をすすめていくのもリアルで怖かったんですよね。いま読み返しても、クリムゾンの迷宮は頭が冴える作品です~。

 

スポンサーリンク


 

 

黒い家

f:id:chikuze:20160325165331j:plain

保険会社の若瀬が、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になる。

違和感を覚えて独自調査にのりだすのですが、それがまさしく悪夢の始まり~。おどろおどろしい心理描写と、現実味のある恐怖。手が届きそうな身近さが嫌な作品です。(いい意味で)

 

 
保険関係の仕組みについても詳しく書かれている作品です。ミステリー好きや、そういうこまごました背景を理解して、ストーリーに入り込みたい人にはもってこい。(じゃないと中盤はダレるかもですが、その後のエグさはお墨付きなので、がんばって読んでください。)
第4回日本ホラー小説大賞の、大賞受賞作です。
 
 
 

青の炎

f:id:chikuze:20160325165038j:plain

貴志祐介さんの著書の中で、ちょっと異端的な立ち位置の「青の炎」。映画化もされています。

「青の炎」には、ホラーやSF要素がありません。さしずめ青春ミステリー、といった感じ。キャラクターの中には悲しいものが流れていて、ギュッとつかまれるような間隔になります。

この本に出会った時は、貴志祐介さんこんなのも書くんだ~なんて思いました。

 

 

 

十三番目の人格ISOLA

f:id:chikuze:20160325165207j:plain

最後に、わたしが貴志祐介さんの著書の中で、一番好きなホラー「十三番目の人格ISOLA」を。映像化されてるなんて知らなかった、見たいけど見れない!(笑)

空想的な設定はありますが、現実味を逸脱しません。とにかく人間描写がエグくて、人の頭のなかが怖くて怖くて仕方がなくなる。ラストは予想の斜め上をいく気持ち悪さです。(いい意味で!)

 

以上、貴志祐介さんのオススメ本4選でした。

天使の囀りとか、悪の教典もいれるか迷ったんですけど、前者はハマる人は読むしなーとか、悪の教典は映像で見られてるかなーとか、いろいろ考えちゃいました。雀蜂とかもあげたかったけど、思い出したくもなかった。(笑)

そうあれこれ考えてたら、寝れませんでした。カムバック、睡眠時間。

 

まあ、どうしても寝たくない日は、貴志祐介さんのホラーを読もう!人間不信系の眠れなさでもよければ、湊かなえさんもオススメです。(笑)