マスカレード・イブ : 東野圭吾さん : イブだもの、そりゃあそうよね。

スポンサーリンク

マスカレード・イブ
東野圭吾さん

 

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。

事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。マスカレード・ホテルで奮闘した、二人が出会う前の、それぞれのお話。

 

マスカレード・ホテルを読んで「面白い!」と思いつつ。

シリーズ2作目も読んでみましたマスカレード・イブ。

 ========================

スポンサーリンク


 

 

◆構成としては

・それぞれの仮面
・ルーキー登場
・仮面と覆面
・マスカレード・イブ
という4つの短編集。

 

f:id:chikuze:20160125124333p:plain

 

「それぞれの仮面」と「仮面と覆面」はマスカレードシリーズのヒロイン・山岸尚美のお話。
どちらもプロホテルウーマン以前のお話だからか、行動力に磨きがかかっていてちょっとおてんばな印象でした。

なにがなんでも、というようなプロ根性は前作に比べると少し薄め。お客様との衝突も何度もあって、お互いの感情の交差が多かったのでは?

 

なので、山岸尚美がとたんに人間じみたというか、ある種「普通の子」だと思いました。前作との差を感じる……。

若干だけれど明確なホテル勤務への志望動機を持っていながら、プロらしくない時代があった山岸尚美に疑問はちょっとあります。

 

それは「ルーキー登場」と「マスカレード・イブ」で奮闘するヒーロー・新田浩介も同じで。

新田浩介も「ルーキー登場」や「マスカレード・イブ」で、敏腕刑事やキレ者といったイメージが薄まりました。

 

◆マスカレード・イブはホテルに比べて残念……?

個人的判断としてはマスカレード・イブを読んだからこそ、マスカレード・ホテルが引き立つ……というのが感じられませんでした。

正直また交換殺人か、また実行犯は別にいるのか……と思ってみたり。

 

ただ「ルーキー登場」の黒幕はとても好きです!なんだろう、とことん悪に徹しているのが明瞭で清々しかったのかもしれません。
もしくはまっすぐな登場人物達の中でゆいいつ変化球を投げていた気がしたからかも。

 

www.amazon.co.jp

 

お話としては「仮面と覆面」もとても好きです。
なんだかとってもキレイなものを見た気がしました。

 

あと、残念だという大きな理由があって。(笑)

第二弾!という帯だけを見て読み始めてしまったので、全てがマスカレード・ホテル以前で2人が出会わななかったことが非常に残念だったのです。

あの事件のあとの2人がどうなったのか……、わくわくしながら読み始めたものですから。じらされてじらされて……終わりました。会うことはなかった。まあ、イブですからね。ホテル以前ですものね。(笑)

あのホテルを舞台に事件が起きてしまったし、職業の異なる2人がまた共闘するとすればどんな風に?
いや、思いつかない。さすが東野圭吾さん!と勝手に舞い上がっていました^^;

 

ゆえにぜひとも!ホテルのアフターストーリーを期待しております!!

 

 

スポンサーリンク