神楽坂のシマダカフェならイイ女の仮面をかぶれる気がした

スポンサーリンク

可愛い名前ものを食べ続けたら、自分も可愛くなる気がするでしょ。

神楽坂のシマダカフェに行ってきた

取材のあと、ポカンとあいた午後15時。

次は先輩とお茶する予定で、できればくつろげるカフェに入って仕事を進めたい。

だがしかし、神楽坂だなんて飲み屋しか知らない!

どうせ数日ぶりに外に出たんだし、思いっきりキラキラとする可愛いものが食べたい!

[blogcard url=”http://shimadacafe.com”]

 

そこで見つけたのがシマダカフェ。エッグベネディクト。

エッグベネディクトって攻撃力マシマシの破壊魔法っぽい・・・!

なんだか女レベルも上がりそうな気がして、喜び勇んで行ってきました。

メニューはこんな感じ

ドリンクメニューはこんな感じです。img_7738

紅茶の種類が豊富。もちろんコーヒーもあります。

個人的にはオリジナルシリーズが気になってしまった。自家製って言葉に弱いのは私だけじゃないはず。

img_7739

お酒もありましたぁあっ!!

大人のメロンクリームソーダとかそそられちゃうけど、この日はまだ我慢。

フードメニューも充実してる。

img_7737

待ってました、エッグベネディクト様・・・!

この日は朝から何も食べずに15時を回っていたのでお腹はペコペコ。

オムライスと迷いながらもお目当てのエッグベネディクトを頼みましたっ!

ドリンクは自家製マンゴーラッシー

img_7740

先にもらった自家製マンゴーラッシー。どの辺りが自家製かはイマイチわからなかったけど美味しかったです。

マンゴーよりもヨーグルト感の方が強めなタイプでしたね。

お待ちかねのエッグベネディクト

ほどなくして、お目当てのベッグエネディクトが登場。

img_7742

きゃああぁあ!!なんていう写真映え。こいつ、インスタグラムの町の出身だわ。絶対にそう。

ドレッシング可愛すぎるでしょ、どこにかけちゃってるのよ?!

キラキラ具合にあてられつつ、正気を保ち、いざ入刀。

やっ・・・やわらかあぁあい~~~

img_7743

とろとろとろとろとろとろとろとろとろとろとr

・・・卑猥、じゃなかった、イイ女感やっば(`・ω・´)笑

量こそ少ないものの、イイ女感がググッと空腹を満たしてくれます。

レモンがかなり効いているので、濃厚すぎずスッキリまとまる感じですね。

そもそも、ナイフで切ってソースを絡めて食べるっていう工程がセクシーで好きすぎる。

美男美女カップルに目の前でやってほしい。ぜひ、エッグベネディクトで。何度もやらなきゃ食べ終わらないから。

ついでにTwitterにもあげたのですが、フォロワーさん達も優しい。これぞエッグベネディクトの(魔)力か・・・!

神楽坂といえばフレンチトーストなの?

私は食べてないけど、他のメニューも美味しそうでした。

original
引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13154672/

original2
引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13154672/

う~~~ん。やっぱりエッグベネディクトが可愛いけど、こっちも気になる。

ノマドが懐くシマダカフェの内装

シマダカフェの内装はめっちゃイイ感じでしたね。

img_7735

お洒落で可愛いし、カップルでの来店にも向いてると思う。

窓側を向いて横並びで座れるソファー席もあるから、ぜひそこでイチャイチャしてほしいです。

ノマド的にも、ゆったり座れる席が多いから懐いちゃいそう。机は1人分の普通サイズだけど、PC使いは困らないでしょう。

img_7736

だかしかし平日の昼間、しかも15時前後でしたが、お客さんはチラホラ入っていました。

人気店のようですし、土日祝日のノマドスペースとしては遠慮いたすべきですね~。

でもでも、平日の打ち合わせには昼夜問わずバッチリだと思う。

この後の予定もお茶をしようって話だったので、シマダカフェで合流、そのまま夜までくつろいでしまいました。お邪魔しました~!

シマダカフェへのアクセスはこちら

▼ACCESS
東京都新宿区神楽坂3-6
神楽坂3丁目テラス3F

シマダカフェレポのおまけ

img_7800

後ろのソファー気持ちよさそう。ここがカップルにオススメしたい横一列にかけれるソファー席です。

夜になっても照明はさほど暗くならないし、1人掛けはゆったり座れるのでPC作業が進みました。

神楽坂でお茶やスイーツを楽しみたいときはぜひシマダカフェへ!

スポンサーリンク