椎名林檎女史の名曲「ギブス」歌詞の意味を考察してみた

スポンサーリンク

椎名林檎女史ファン歴15年!ゆるゆるフリーライターの中馬さりの(@chuuuuuman)です。

不動の名作かつ、ピュアピュア可愛い林檎女史の乙女らしさが爆発している名曲「ギブス」の歌詞を考察してみました。

椎名林檎「ギブス」の歌詞

考察するのは、椎名林檎さんの不動の名曲「ギブス」です。

リリース日は2000年1月26日。ギブスは若き日の椎名林檎女史が発表した初のバラードシングルで、今もなお結婚式でもたびたび耳にします。

私も結婚式では何かのテーマを決めない限りギブス流したいです。

まず、歌詞は以下の通り。

あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がるの
だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない

あなたはすぐに絶対などと云う
あたしは何時も其れを厭がるの
だって冷めてしまっちゃえば 其れすら嘘になるじゃない

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

此処に居て
ずっと ずっと ずっと
明日のことは判らない
だからぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

あなたはすぐに いじけて見せたがる
あたしは何時も 其れを喜ぶの
だってカートみたいだから あたしがコートニーじゃない

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日のことは忘れちゃおう
そしてぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

また四月が 来たよ
同じ日のことを思い出して

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

此処に居て
ずっと ずっと ずっと
明日のことは判らない
だからぎゅっとしていてね

i 罠 B wiθ U

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日のことは忘れちゃおう
そしてぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

椎名林檎女史「ギブス」の背景

可愛いですね、ぎゅっとしててねダーリン!数年付き合った彼氏にだって言えない・・・。

そんな本局「ギブス」は椎名林檎女史が17歳の頃、当時お付き合いしていた人にむけて作ったんだそうです。青春が爆発してますね、けしからんですね。

この曲は年数がたったファンからすると、本当に懐かしい曲だったりするんじゃないでしょうか。

ライブやイベントで何度となく披露されてましたし、まっすぐな歌詞とギュッとくるメロディーラインに青春の思い出がグッと!

私の場合は恥ずかしい中二病全開の恋愛感がググッと!掘り起こされますからね。

新しいファンからすると、可愛らしさ爆弾の椎名林檎女史は17歳から健在だったのかとホクホクかも。

椎名林檎女史の「ギブス」歌詞の意味を考察

たぎる想いで長くなってしまいました・・・。

歌詞を詳しく考察していきます。独断と偏見です。

あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がるの
だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない

彼女にとって、写真はその時の見た目だけを切り取ってしまうもの。昔はいらない、今をすごしていたい。

切り取ってしまえば、「あたし」もただの物体。存在が思い出になって古くなる。それが厭だった。

ちなみに、東京事変の曲ですが他にも「写真」の表現は出てきます。

閃光少女から「写真機は要らないわ 五感を持ってお出で 私は今しか知らない 貴方の今に閃きたい」等々

あなたはすぐに絶対などと云う
あたしは何時も其れを厭がるの
だって冷めてしまっちゃえば 其れすら嘘になるじゃない

一生好きだ・・・とかね!!!

17才らしいですね。絶対って言われると信じたくなっちゃうもんね。

その時、絶対と思ったのは嘘ではないんでしょうけど、冷めてしまったら意味がない。

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

此処に居て
ずっと ずっと ずっと
明日のことは判らない
だからぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

嘘になるかもしれない言葉はいらない。明日のことは判るものではないのも知ってる。

だけど不安。だって、青春だもの(ドヤァ)

あなたはすぐに いじけて見せたがる
あたしは何時も 其れを喜ぶの
だってカートみたいだから あたしがコートニーじゃない

この曲を送った「当時お付き合いしていた方」は、ニルバーナというロックバンドが好きだったんだとか。

そのバンドのギターボーカルがカート・コバーン。そして奥さんはホールというバンドで同じくギターボーカルをしていたコートニー・ラブ。それを模してる。

これは椎名林檎女史がラジオで語っておりますね!

椎名林檎女子はニルバーナがそこまで好きというワケでもないみたいなんですけど、彼が好きだったから聞いてはいたそう。あるある~(笑)

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日のことは忘れちゃおう
そしてぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

都合がいいんです。恋する女子ってやつぁ、都合がいいんですよ。

昨日どうしてくれたとかじゃないんですよ。忘れちゃいましょうよ。大事なのは今!今ぎゅっとしてくださいダーリンですよ!

また四月が 来たよ
同じ日のことを思い出して

・・・完全に記念日ッ!

ちなみに、さきほど出てきたニルバーナのカート・コバーンは4月に自殺をしています。27才の時でした。

これは椎名林檎女史は知らなかったそうで、まったくの偶然。

don’t U θink? i 罠 B wiθ U

此処に居て
ずっと ずっと ずっと
明日のことは判らない
だからぎゅっとしていてね

ダーリン優しいなオイオイ。くっつきたがりの女子の「此処に居てくれる」んですね。幸せな恋愛だったんだろうなあ。

i 罠 B wiθ U

傍に来て
もっと もっと もっと
昨日のことは忘れちゃおう
そしてぎゅっとしていてね ぎゅっとしていてね ダーリン

ごちそうさまでした。

なぜ「ギブス」なのか?その意味をファンが考察してみる

個人的に気になるのがタイトルです。

「ギブス」って言葉は歌詞の中に1度たりともでてこないんですよね。(椎名林檎女史あるあるではありますが)

自分の行動や相手の自由を制限してしまうギブス。たしかに17才の恋愛は不器用で、不安で、無意識に相手を拘束してしまう面もあったのかも。

だけど、自分が1人で生きていける「大人」になるには必要不可欠で。どうとでもなってしまいそうな自分を真っすぐ補強してくれていたのは・・・?みたいなね。

ギブス・・・そこに考えを膨らませてみると深いな~と思います。

結婚式で椎名林檎女史の曲をかけるならギブス

椎名林檎 女史談ですが、ギブスはリリース前に大幅に書き直すことも考えたそうです。

作ったのは17才。デビューの荒波を超えたミュージシャン・椎名林檎としては手を加える余地はたくさん見つかっただろうし、当時とは考え方も変わっているはずだもんね。

だけど「17才の時に思ったことが今と異なっていても、それはそれで自分だから」ということで、そのまま発表することにしたんだとか。

つまりギブスは、椎名林檎女史であり1人の17才の少女が書いた真っすぐな恋愛ソングなんだよね。

そりゃあピュアですよ。結婚式で椎名林檎女史の曲をかけるなら「ギブス」ですわ・・・!

ちなみにこちらのバージョンもすてき。