バレンタイン、それで本当に大丈夫?プレゼント・ハラスメントを防ぐ3つの注意点。

スポンサーリンク

 

心をこめて準備した、バレンタイン。

緊張するけど、感謝の気持ちと一緒にプレゼント!

 

でも、本当にわたして大丈夫ですか?

f:id:chikuze:20160205153523j:plain

わたすのは彼?それとも旦那さん?

お世話になっている先輩や後輩、片想いのあの人・・・

 

バレンタインを心待ちにしているアナタは可愛いけれど、ちょっと待って!

プレゼント・ハラスメントになっていないか、最終確認しときましょう!

 

 

◆プレゼントハラスメントとは?

プレゼント・ハラスメントとは、迷惑プレゼントを贈りつける行為

漫画家 兼 イラストレーターの、山科ティナさん原作「プレゼント・ハラスメント」が発祥です。

f:id:chikuze:20160205153817j:plain

漫画「プレゼント・ハラスメント」は、先日LINEで公開。すでに150万人に読まれているんだとか。(今は配信終わってますが・・・)

つい共感してしまう女子の日常。頑張ってるのに報われない感は、もはや少女漫画の王道です。

 

でもバレンタインって、準備、お金、気合も必要。

他のイベントより大変なのに、プレゼント・ハラスメントになっちゃってたら悲しすぎる。

3つのポイントをチェックして、しっかり成功させましょう!

 

◆プレゼント・ハラスメントを防ぐ3つの注意点。

 

①彼は本当にチョコレートが好きですか?

f:id:chikuze:20160205160546j:plain

大前提として、彼は本当にチョコレートが好きですか?

バレンタインじゃない時に、チョコレートをもらって喜ぶ人ですか?

もし、喜ぶ人なら大丈夫。たぶん、喜んでもらえます。

 

チョコレートが苦手な人って、女子が想像するよりもずーーっと多い。彼らの文化には女子会というものが存在しないため、そもそもスイーツにふれる機会が少ないのです。

バレンタイン前後の街中は、チョコレートの香りで充満しますよね。チョコレート嫌いな人にとって、それは拷問のようなものです。

 

私、嫌いな食べ物はセロリです。その大嫌いなセロリの祭りがあったとして、セロリを渡されながら告白されたとしたら・・・、いくら好きでも考えます。

「本当に私のこと好き?ツンデレ?とりあえず目の前のセロリ、どうにかしなきゃ・・・」ってなりますよね?

 

コーヒーには砂糖を入れる派か、おやつは食べているのか、お土産や差し入れで喜んでいたものはあったか・・・。プレゼント・ハラスメントを防ぐためには、バレンタインというイベントに合わせる必要はありません!

相手が本当に好きなものをあげましょう。

 

 

②彼の食生活をチョコレートでうめませんか?

f:id:chikuze:20160205160625j:plain

あなたが好きな彼は、他の人にも好かれている可能性があります。

あなたが魅力的だと思う人は、高確率で社会的に見て魅力的。

恋愛としての好意じゃなくても、尊敬やお礼、友情などの好意でチョコレートはもらいます。

 

とくに、要注意なのは下記のような男性にあげようとしている人!

  • 会社や学校、部活、サークルなどのグループに所属している人
  • 交友関係が広い人気者
  • 家族が仲良しで近場に住んでいる人

 

彼はきっと、あなた以外からもチョコレートをもらいます。

彼があなたから貰えることを知らないなら、ほぼ確実にもらいます。(1つも貰えなかった・・・よりは、義理でももらいたい男のプライド!だそうです)

あなたが彼の特別な人でも、彼は職場の人からもらったチョコレートを捨てられるほど非情ではないハズ。

 

日常的にチョコレートを食べる男性が、世の中にどれくらいいるでしょうか?

甘いものが好きだったとしても、14日からずっとおやつはチョコレート・・・。申し訳ないけど、私だったら「ニキビできるわ!!」って発狂したくなります。

 

チョコレートをくれたことは嬉しい。でも、きっと彼がチョコレート漬けの生活にさいなまれてるとしたら、のちのちの記憶には残りませんよね。むしろプレゼント・ハラスメントに加担しちゃってる・・・?

口直しのしょっぱいものや、チョコレートに合うお酒などの方が印象に残るし、喜ばれるかもしれないですよね。

 プレゼント後の彼を考えましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

③彼を強制的 羞恥プレイに参加させませんか?

f:id:chikuze:20160205160647p:plain

漫画「プレゼント・ハラスメント」から抜粋。

①と②はクリア。化粧もバッチリ、服も可愛い。よし、彼に渡すぞ・・・!ってところで最後のチェック。渡すタイミングは大丈夫ですか?

 

渡す側はチョコレートをわたしたら去ればいいですが、もらった側はそうはいかないことが多い。

特に職場や教室などの、彼が所属するグループでわたすのはNG。目上の方や上司、同級生、家族などに冷やかされて、彼のプライドを傷つけるのはご法度です。

 

わたした後に、彼が周りからどんな反応をされるのか。

わたす場所とタイミングまで選んだら、彼にも喜んでもらえるはず!

 

 

◆まとめ。

f:id:chikuze:20160205160721j:plain

バレンタインって、はこうするのが当たり前・・・って思われている事が多い。その分、クリスマスや誕生日以上に相手への思いやりがあらわれちゃう。

 

喜んでほしくて渡したプレゼントが、彼にとっては迷惑だった。

飲みの席で「バレンタインのプレゼント・ハラスメント」を男性から聞いたときは、ヒヤっとしてしまいました。

 

女性目線だと、バレンタインの準備にはたくさんの時間と労力、お金がかかっているのが痛いくらいわかる。プレゼント・ハラスメントは絶対に回避して、女性も男性も楽しいバレンタインを過ごしましょう!

 

◆プレゼント・ハラスメントを読みたい方はコチラ。

news.livedoor.com

もうラインの配信は終わってしまっているそうなので・・・。

山科ティナさん、素敵な作者さんだと思います!応援してます!

 

 

スポンサーリンク