シナボン/シアトルズベストコーヒー 六本木店 行ってきました!

スポンサーリンク

 六本木、すき屋にむかって闊歩していたらなんだか甘い香りが・・・

一緒にいた人が「食べたことないの??!行こう!!」って言ってくれたので、シアトルズベストコーヒー 六本木店にてシナボンを食べてきました。

 

f:id:chikuze:20160125141021j:plain

 

美味しい、シナモンロール!

なんだかいい女になった気がする食べ物、シナモンロール。

スポンサーリンク


 

 

 ◆はてさて『シナボン』とは?

 シナボンとは、アメリカ発のシナモンロールのチェーン店でありその商品名。2000年ごろには一大ブームを巻き起こした。

2009年に一度は日本から撤退したものの、そのシナモンロール界の異端児ともいえる甘さと質感は中毒性が。このたび、また再上陸したのだとか。

 

六本木ヒルズ裏にあるシナボン六本木店。コールドストーンクリーマリー日本一号店の向かい側。

ひとたびこの通りに入れば、シナボンのことしか考えられなくなるほどの香りです。

 

◆食べてみる!

食べたのは、シナボンクラシック(420円 税込)とキャラメルピーカンボン(460円 税込)のミニサイズ。シナボンのミニサイズという事で、ミニボンというメニュー。

プラス、わたしはチャイラテ。同行者さんはアメリカンコーヒーを。

f:id:chikuze:20160125140851j:plain

シナボンクラシック(420円 税込)

秘伝のマカラシナモンをたっぷり包んだ生地をオーブンで焼きあげ、上にはつくりたてのクリームチーズフロスティングがたっぷり。

シナボンを有名にした定番、といえばシナボンクラシックだそうです。

 f:id:chikuze:20160125140831j:plain

キャラメルピーカンボン(460円 税込)

焼き立てのシナモンロールに、リッチなキャラメル風味のクリームチーズフロスティングとカリカリのピーカンナッツをトッピング。

同伴者様がこっちのが美味しかった気がする・・・ということで注文。

 

食べてみると、とにかくしっとり。がっつり甘〜い!

どちらも濃厚なクリームチーズフロスティングがたっぷりかかっていて、甘くて甘くて仕方がない。

 

これはケーキですか!?ケーキなのですね!笑

パンの部分もふにゃふにゃで、クリームチーズフロスティングにされるがまま。

 

 

シアトルズベストコーヒー、まとめ。

f:id:chikuze:20160125140913j:plain

今までスターバックスやコンビニ、パン屋さんでしかシナモンロールを食べたことがなかった、わたし。

こんなにも、クリームチーズフロスティングにされるがままでいいのでしょうか。

もはや、パンの部分はお皿についたソースを絡め取ってくれるパートナー!

 

スターバックスのシナモンロールとは別ベクトルでした。

裏側もソースでひたひた。

もうクリームチーズフロスティングに反旗を翻しているのは、キャラメルピーカンボンのピーカンナッツただひとり。

 

個人的にはシナボンクラシックの方が好みかも。

従順さがツボでした。なんだかまとまりある感じ。

 

キャラメルピーカンボンは、カレーには福神漬け、焼きそばには紅生姜が欠かせない・・・なんて人にオススメ。

 

 

日本での再戦用として、どちらかというとミニボンを推しているそうです。

(前回は通常サイズを推しすぎて失敗したとみているらしい。)

確かに、最初はミニボンにしておいてよかった〜って思いました。日本人にはいいサイズなのかも。

 

でもなんだろう。食べ終わった後の喪失感。

何か自分の中で広がってしまった感じ。

次は絶対通常サイズを食べたいと思います!