好きなことで食っていくメリット。

スポンサーリンク

 

色々な人たちの理由を知りたいな、と思って、色々なブログを見てみました。すると、色々な人生を歩まれて、今の自分を楽しんでいるような内容が沢山。

もしくは、これをやっていくしかない、と腹をくくっているような記事もあって、勇ましいな~なんて思いました。

どっちにしてもカッコイイ。

 

「今の仕事を選んだ理由」は、好きなことで食っていきたかったから。

f:id:chikuze:20160125143548j:plain

さて、わたしのお仕事の話を。

わたしは2足のわらじを履いています。
とつとつと続けているライターのお仕事と、新卒で入社したOLのお仕事。

昨年からライターとしての独立が具体的になって、仕事をしていることを隠さなくなり、気持ちがだいぶ楽になりました。
(お仕事内容の関係で、公にせざるを得なかった、というのもあります。)

 

スポンサーリンク


 

 

ただ、「昼間はOL、その他ではフリーでライターをやっています」なんていうと、ライターの方は副業なんですねって扱いをうけてしまいます。
いや、今年中にライターだけで食っていくつもりなんですけどね~なんていうと、「このご時世、大丈夫なんですか?せっかく正社員で事務業なのに」、「だよね、OLなんて誰でもできるし」なんて言われたり。

 

でも実際、収入も、続けた年月も、気持ちも、ライターの方が勝っているから、このご時世とか関係ないですし。

 

OLの方は、それはそれでやりたかったんです。
高校からCanCamを読み、エビちゃんを崇め奉っていた女子としては、OLっていうものを経験してみたくて。体力を消耗する仕事ではないので、大学卒業後もライター業を続けられる・・・といのも大きい理由でした。就活ではそんなこと言えなかったけど。

今では自分は向いてないなって思うと同時に、OLさん、事務さんを尊敬しています。みんな菩薩の心を持った人達だと思います。

 

 

 

まあ、そんな思いがあふれて、今はライターの方が好き!!なんて公言しちゃってますけど、OL業の経験はライター中馬といたしましても、非常に役立っていると思っています。
それはやっぱり、どういう時にでも「やりたいことを仕事にしてきた」からだと思うんです。

 

やりたいことを仕事にするなんて甘えてる!なんて思いますか?うーん。でもちょっと、わたしの思うメリットだけでも聞いてくださいませ。

 

やりたいことを仕事にするメリット

①やっているだけで楽しい。
f:id:chikuze:20160125144152j:plain

例に出しやすいからライターの方で話しちゃう。もうね、文字を書いているだけで幸せです。わたしの書いたものがサイトに上がったり、紙面になったり、絵がついたり、セリフになったりしたら震えます。

今は、「行動しているのに誰の目にも触れない」なんてことが、限りなく0に近いじゃないですか。インターネットっていう化物のおかげです。たまにメンタルを攻撃してくるけど、基本的にはいいやつです。インターネット。

 

好きだからやる → 認められる → 嬉しくなる → 更にやる

 

・・・っていうループを作り出しやすい環境だと思います。
この勝ちパターンをいかに多く繰り返すかで、自信の大きさが変わってきます。

 

わたしは「好きなこと×自信=成功率」であると思っています。
ライターのお仕事でいえば、「ライターという仕事が好きであること」に、「ライターであることに自信を持っているか」で、交渉力や提案力に繋がり、お仕事成功につながる・・・という意味です。

 

 

もちろん、認められないこともたくさんあります。

 

好きだからやる → 中傷される 非難される 馬鹿にされる

 

・・・みたいな。
あまりにも多いとやる気そがれますよね。好きなものを否定された気がして、悲しくなりますよね。しかも、好きなものが大事であれば大事であるほど、否定されるのは辛いです。

 

 

 

 

②なくしたくないから、死ぬ気でがんばる。
f:id:chikuze:20160125144519g:plain

勝ちパターンができたら苦労しないんだよ~とか、認められなかったらどうすんの!って声が聞こえてきそうです。

うん。大抵のことは認められないし、中傷されるし、世の中には自分よりできる人間ばっかりですから。お前ごときでライター名乗んなとか、あいつミスタイプ多くね?とかね。言われるでしょうよ。(震え声)

 

それでやりたくなくなったらどうするか。

 

好きだからやる → 中傷される 非難される 馬鹿にされる → やりたくなくなる

 

ってことですよね。

なるほど、わかった、やらなきゃいいんです。辞めればいいと思います←

でも、たぶん本当に好きなものだと辛くても辞められないと思います。中傷されるってわかってるのに文字を書いてしまうし、諦めるということが悔しくてたまらない。

 

中傷に対してだけでなくて、たとえば周囲の理解だったり、金銭的なことだったり、諦めなくてはいけない要素って沢山あると思います。
でも、総じて諦めるということがストレスでしかないから、周囲を説得しまくったり、お金を貯めたり、もう死ぬ気で頑張ると思うんです。

 

逆に言えば、死ぬ気でがんばれるほど好きってことです。
背水の陣、火事場の馬鹿力は侮りがたし。死ぬ気でやると、大抵のことはできるか、諦めがつきます。

※諦めたり辞める理由が見つかるなら、きっとその理由の方があなたにとって好きだったり、大切なことなんだと思います。

それって逆にステキなことじゃありませんか?今まで好きだったことを通じて、新たに好きなことを見つけられたわけです。

そっちを思う存分堪能したあと(つまりお金を貯めたり、まわりを大事にしたり、ね。)また順位が入れ替わったらやればいいんです。

人生は長い。

 

 

 

③何があっても気持ちよく責任がとれる。
f:id:chikuze:20160125144602j:plain

わたし的に、現代ってストレス社会です。
満員電車も辛いし、鳴りつづける電話も、本音と建前の世界も、辟易します。
本当に世のOLさん、サラリーマンさんはすごいと思います。わたしのこの感情をぶつけるならば、年功序列万歳です!勤続年数は、評価されてしかるべきもの!

 

そして同じ会社の仲間、というのはステキなものだし、いることで賃金が発生するというのも心安らぐシステムです。(わたしのような人間にはあまり向いていませんが・・・)

 

そんな尊敬しているお仕事、ステキだと思う環境なわけですが、どうしてもOL業で嫌なことがあります。

それは、ライター業の方で、時間が足りなくて諦めなくてはいけない仕事があることです。

 

どうしてもクライアント様が企業になると、OL業の時間とかぶって打ち合わせができなかったりするんですよね。こればっかりは物理的にどうにもなりません。

だから、早く独立したい。時間も気持ちも、やりたい仕事に割きたい。

 

と、いいつつもお金の兼ね合いやその他もろもろで、あと数か月はOL業を続けます。
その間にもたくさんのビジネスチャンスを逃しています。悔しい。

 

前提として、私はOLのお仕事も、ライターのお仕事も好きです。
OL業の方は、大学で専攻するほど好きな業界に属していて、しかも高校時代Cancamっ子で、エビちゃんリスペクトだった中馬としては、「都内でOLしてます」って言えるだけで、夢が叶った、と言えるのです。(笑)

 

だから、チャンスを逃していたとしても自己責任
OLのお仕事が好きだからこそ、それも自分の選択だと素直に思えます。

たとえばこれが、自分の嫌いな仕事を無理やりやっていたとしたら、ストレスに踏みつぶされていると思うのです。
たぶん2年も続いていないし、メンタルの弱いわたしのことだから引きこもったりしているんじゃないかと思います。(たぶん胃はただれていることでしょう)

好きなことを仕事にする最大のメリットは、何があっても気持ちよく責任がとれることだと思います。

 

 

 

まとめ

今週のお題に戻ります!

「今の仕事を選んだ理由は、好きなことで食っていきたかったから」です。

 

まだまだ発展途中の身ですが、好きなことで食っていくというのはステキなことだと思っています。
色々なブログを拝見して、カッコイイ方がたくさんいらっしゃいました。

中馬もがんばっていこうと思います!

はてなブログさん、ナイスお題です!!