トリツカレ男 : いしいしんじ : 夢中になれるってステキ。

スポンサーリンク

トリツカレ男

いしいしんじ

 

いしいしんじさんの本で初めて読んだのが、「トリツカレ男」。

友人が「なんだこれ、と思うのだけれど、なかなかほっこりするし面白いんだ~」とにやにや紹介してくれたのに、次の日にはまるで全米を泣かせた映画でも見たかのごとく「とても感動した!」とうるさかったのです。(笑)

なんだその変わりようは。(笑)

 

見てみると、すっごく薄い。

160ページぐらいしかないものだから、それを1日かけて読む友人にもびっくりしつつ、1日で返すから!!といいきって借りました。

 

スポンサーリンク


 

 

ページ数はわずか160ページ。

本棚に並べても、タイトルよりも薄さが目立ってしまうんじゃないでしょうか。

何も書いていなくても、短編集なのかな・・・なんて勘ぐってしまいます。

 

しかも、トリツカレ男。トリツカレって。

表紙はちょっとだけホラー調?

うーん・・・、どんな感動ストーリーなのか、半信半疑でした。

 

f:id:chikuze:20160125142241j:plain

でもミュージカルもやってる・・・!

 

主人公はジュゼッペ。

主人公は、トリツカレ男である「ジュゼッペ」。

そのジュゼッペの、ほのぼのとした日常がストーリー。

トリツカレ男の異名を欲しいままに、独走していきます。

 

これは波乱になるのでは?と思わせるキャラクターの登場もお構いなし。自分が心惹かれるものだけに、とりつかれていきます。

読者もただただ、ジュゼッペに圧倒されるしかありません。

 

なんだろう、この爽快感。

漫画だったら何度かであったことがある気がする。

う~~ん。クレヨンしんちゃんとか、坂本ですが?とか、地獄のミサワとかに近いのかも?!

 

www.amazon.co.jp

 

でも無口な少女・ペチカと出会ってから物語が二転三転・・・、最後にはジュゼッペとペチカの名前を叫びたいほど感動しました。

 

まさに眩しいほどにピュアなラブストーリー。

綿菓子みたいな物語です。