大検でなく通信制高校へ進学。通信制高校に通ったひとが実感できるメリット

スポンサーリンク

フリーライターの中馬さりの(@chuuuuuman)です!

LINE@からこんなお問い合わせをいただきました。

わかる~~、悩むよね!

大検か、通信制か!(定時って選択肢もあるけど)

 

わたしも高校を中退することは決定してたものの、大学に行きたい気持ちはとにかく強かったの。

だから、受験資格はなんとしても欲しかった~!

とはいえ途中までは文学部に行きたいな~とかも考えていたので受験勉強もしたかった。

 

わりと悩み、最終的にわたしは通信制高校に進学したんだけど……。

でもね、悩む必要なんてなかったくらい通信制高校にはメリットがいっぱいありました。

大検でなく通信制高校を選んだメリット

と、いうことで、今回は 通信制高校に行った場合のメリット を記事にしました。

(大検のメリットは自分が行ってないのでわからない! ごめんよ!)

先に一覧でネタバレしちゃうとこんな感じ。

  1. 圧倒的に人間&年上慣れする
  2. 大人になってからも話題になる
  3. スケジュール管理が得意になる
  4. 受験時に大検用の勉強をしなくていい
  5. 学割がきく
で、この辺りのほとんどが進路指導の先生たちや大人すら知らなかったメリットだと思うんです。

まあ先生だって神じゃないんだから、行ったことない学校の話なんかわかるはずないし。

通信制高校には行ったからこそわかる隠れたメリットがい~~っぱいあった と思うのよね。

よし、詳しくご紹介していきます!

 

メリット1.圧倒的に人間&年上慣れする

まずはこれ、圧倒的に人間&年上慣れする ってことですね。

当時は気づかなかったんですけど、大学に進学したあとや就職後にまわりから言われて実感しました!

 

通信制では一応クラスがある。

ですけど、基本的には授業がやってる教室にひとりで行って、ひとりで講義を聞いて、ひとりで課題をだします。

足りない単位がひとりひとり違うから、授業で毎回一緒になるひとはほとんどいません(大学と同じ仕組みです)

 

だから、いい意味で困ったときは自分から話しかけなきゃいけないし、困ってなければ話しかけなくていい。

友達がほしければ作ればいいし、派閥があるから仲良くしなきゃとかそういうのもない。

人間ってこういう自由な空間に放り出されるとまじでサバイバル能力がつきます。

 

もともとの性格とか好きかどうかはおいておいて。

本当にどうにかしなきゃいけないときは体が動くようになりました。

わたしは通信制高校に通っている間で圧倒的に人間慣れしましたね。

それから通信制の特徴として 年齢のくぎりがない んですよね。

自分より学年が若い年上もいれば、同じ学年の同級生もいる。

そういう中で過ごして、いい意味で取巻きや肩書き、年齢、学歴などで相手を判断しなくなりました。

 

全日制をやめて通信制高校に行くっていうと

「不真面目とかヤンキーってレッテルをはられるよ」

「就職活動で誰も相手にしてくれなくなるよ」

って脅かしてくる意地悪なひともいます。そういう方とは関わらなくていいだけだから心配しなくて大丈夫なのに。

 

それに、実際わざわざ通信制高校に通うひとってなにかしらの夢や希望があるひと なんです。

家庭の事情で働きながらも勉強したい苦学生や、孫からの質問に答えるため勉強したいっていうミセスとか。

そんな風に 世間の考えと現実のギャップなんて生きてたら死ぬほどあります。

 

状況や環境が変われば評価が180度かわることもザラにある。

戦争だってやってるときは正義かもしれないけど、時代が変われば人殺し。

ブラック企業だって勤めてるひとは死にそうな思いでも、社会から見たら優良企業だったりするんです。

 

そういうギャップとか環境での変化って活躍する世界が広がれば広がるほどいっぱいぶちあたります。

わたしは運よく通信制でその心の準備ができたと思うんです。

大学卒業後、わたしはそこそこブラックな会社に入社したんだけど「あ、環境かーえよ」ってサクッと思えたし。

 

なんだか難しい話になってきちゃったね?!

つまりあれよ、いい意味で視野ひろがるよって話!

 

メリット2.大人になってからも話題になる

もうひとつは 大人になってからも話題になる こと!

大学時代、就職活動のとき、会社員生活、フリーライターになってから……。

どこでもいつでも、いい意味で話題になりました。

 

このご時世、中退する方や通信制高校に通う人って思っているより多い んですよ。

だからちょっと隠さずカミングアウトすれば

「俺も中退して大検受けたんだ~!」

「わたしも定時制に通いなおしたの! え、どこ校?!」

「娘が学校を変えたいみたいなのよね、受験のときってどうだった?」

みたいな感じで話題になります。

 

しかも、思っているより多いんですけど少数派ではあるので、自分の体験談がめちゃくちゃ人の役に立つ!

同じ境遇のひとと謎の結束力がうまれてめちゃくちゃ仲良くなれます!

ちなみに 就職活動のときにデメリットになるかは自分のプレゼン次第 でしたね。

どんな話題とも一緒で、話して不快に感じるひともいれば興味をもってくれたひともいました。

結果的にわたしは普通に就職できたので伝え方と相手との相性の問題だと思います!

 

メリット3.スケジュール管理が得意になる

通信制高校=課題(レポート)との闘い んです。

レポートひとつひとつは学校の小テストみたいな感じで簡単なんですけど、いかんせん量が多い。

これで通学をしなくてよくなるんだから、そりゃあそこそこ大変な内容であっても文句は言えないですけど……。

 

通信制のレポートって締め切りが明確に決まっていて、適当だとできるまで再提出(再提出にも締め切りがある)

最終日までに1個でもクリアしていなければ単位はでず、もう1年やることになるんです。

 

わたしが今、フリーライター業の締切りにもそこそこ対応できているのは、このサバイバル課題ラッシュで鍛えたおかげだと思うんですよね。

まあライターじゃなくても、締め切りやここぞという頑張り時って人生にありますからね。

 

メリット4.受験時に大検用の勉強をしなくていい

どこの学部に行くかにもよると思うんだけど、受験勉強と大検の準備を同時進行しなくてよかったのも個人的にはメリットでした。

わたしは大学に行くなら文学部か家政学部のどっちかって決めていたんです。

どっちもガチガチの文系の学部なんですよね。

 

だけど、単位を落としているのは苦手な科目&嫌いな分野なわけですから……。

大検を選んだとしたら確か数学や物理を勉強しなきゃいけなかったんですよね。

まあ、このあたりは個人の得意不得意があると思うけど、勉強にあてる期間は前もって調べておいて損はないかも です!

 

メリット5.学割がきく

急にふんわりした話になったと思いました?!

でもね、あのね、たぶん学校の先生とかが言うのとはちょっと違う意味。

学割ってすごいの。本当にすごいのよ。あれは失ってから気付くけど、色んなことが本当に割安になってるんです。

 

今でこそ、学生って学割が効いて色んなことを割安にできる代わりにどんどん挑戦しちゃえ って期間なんだと思うの。

ネットだって格安で契約できるからインターネットでじゃんじゃん世界に挑戦すればいいし。

交通費だって割安なんだから色んな体験をしにいけばいいでしょ。

美術館とか博物館とか映画とか、本物に割安で触れられるのって今だけですから。

あとね、やっぱり 自分を一言で表すなにかって結構大きい です。

 

通信制高校に通うとしても、中退する以上、入学するまでの少しは何の肩書きもない状態になる んですよ。

「今、なにをしているんですか?」って聞かれたときに「学生です」ってとっても答えやすい。

だからこそ全然それまで考えずに過ごしていたんだけど、学生って肩書きを捨てたあとの自分って

  • デニーズでバイトに明け暮れてるただのフリーター
  • 小説家になりたいけど陽の目をみてないガチ無職
  • 18才、ひとりで何もできないただの女
でしかなかったんですよね。悲しい……。

 

学生のうちから才能を開花させる人もいれば遅咲きの人もいるからしかたがないことかもしれないけど。

だけど、恥ずかしながらわたしは文章を書いて(好きなことだけして)生きたいと思っていたぶん、これでも自分なりに切磋琢磨していたつもりだったんです。

だから、ああ自分、なにもしてきてないじゃんって心の底から思ったんですよね。

で、ショックが理由でライター業を始めるから、いやいや本当に通信制にいってよかったですよ。

まあ興味をもってくれた方はプロフィール記事も見てくれたら嬉しいけど。

すっごく話が脱線したけど、つまり 学割とか学生の身分ってすごく使い勝手がいい んです。

しかも通信制の場合はそれを失った虚しさも体験できる。

しかも平日はまるっと時間が空くから、色んなことに利用できます。

 

大検を受けるか通信制にするか迷っている人って、当時のわたしと同じように将来の理想像があるんじゃないかなって思います。

その夢をおいかけるサポートとして、学割や学生の身分って大きくないですか?

 

ここまで言ったけど結局メリットどうこうって後付けだからね

ここまでまとめてなんですが、通信制高校に限らずメリットって後付けのもの だと思います。

「あ、面白そうかも~!」でやってみて、やって楽しかったらメリットがあると思うだろうし。

あんまり楽しくなかったらメリットなんてなかったっていうと思うんだよね。

 

つまりまわりの人の口コミってやっぱり主観がどうしても入ってると思う。

(まあ、これを読んでくれている人は高校を中退しているorしそうなわけで、わたしとだいぶ親和性が高いと思うけど)

わたしは通信制高校って選択肢を選んで、めちゃくちゃ楽しかったからデメリットよりもメリットが目についてるってところもあると思うんですよね。

全日制の先生とか、ご両親とか、お友達とかは「心配」って気持ちもあるから色んなリスクを想定して教えてくれるはず。

 

いろいろ決めなきゃいけなくて、ちょっと余裕がないときもあるかもしれない。

でもね、結局1番の味方は自分 です。自分の直感を信じるんだ!

通信制高校のほとんどは、いつ行っても行内見学させてくれる……はず。

(わたしの行ってた新宿山吹高校は大丈夫だったはず)

まわりの意見はほどほど~に聞いて、最後は自分の主観で悔いのない選択をしてくれ~!!!

 

 

長くなったけど高校中退・通信制高校カテゴリーでは僭越ながら体験談をまとめてるのでぜひ読んでね!

LINE@から連絡をくれたらマイペースにブログでお返事します。ぜひに!

twitterをフォローしてくれたりしたら泣いて喜ぶ~!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク