旅する、稼ぐ、楽しむ。フリーライターはこの3つを実現できるの?

フリーライターの中馬さりの(@chuuuuuman)です。

突然ですが、場所を選ばず好きな仕事をしながら生きるってできると思いますか?

 

小さい頃のわたしは、とにかく本が大好きな根暗少女でした。

ただの本好きで終わっておけばよかったものを、なにをこじらせたか二次創作にいそしみはじめ

「文章を書いて妄想を形に残すのってめっちゃ楽しい!」

「これが一生できたら人生幸せじゃん!」

と、ひとり本気で思っていました。友達が二次元にしかいなかったんですね……。

夢をおいかけ飢え死にコースを独走していたわたしでしたが、ラッキーなことに”ライター”という転職にめぐりあえたのが高校生のとき。

今ではフリーライターとして活動しています。(カフェで作業したり、ひきこもったり、いわゆるノマドです)

icon-chevron-circle-right そんな昔話、わたしの詳細プロフィールはこちらから

 

それでですね。

いざ、フリーライターとして活動を始めると

「場所にとらわれずに好きな職業で働けるっていいね」

「ライターってどこでも仕事ができるんでしょ?」

って何回も、何十回も言ってもらえるんです(笑)

 

でも旅って体力を使うし、仕事と旅行の両立は難しいって意見もよく聞くし……。

「え……そうかな?よくわかんない」

そんな風に、大好きな職業に向けられる褒め言葉をずーーーーっと聞きながしていました。

でも、スルーすればするほど、

「本当のところはどうなんだろう?せっかくライターになったのに試さないのはもったいないな」

「もしかして、今以上に幸せを感じながら書いて働く生き方があるのかな」

そんな気持ちがつみあがり、正直なところ悩んでました。(割とネガティブなので)

 

悩んで悩んで、悩んだ結果!

「いやもう、確かめちゃった方がいいんじゃない?!」

という結論にいたりました。

仕事とか、友人関係とか、恋愛関係とか。色んなものごとが背中をおしてくれました。

icon-chevron-circle-right 本当にやりたいと思ったときがやりどき。仕事も、旅も、恋愛も

結論からいうと、旅しながら稼ぎつつ生きることはできました!

今、わたしは日本を旅しながらフリーライターとして活動しています。

色んなところにお出かけしつつ、地元・東京も大好きなので取材があるときや気が向いたときは戻ってみたり。

驚きだったのは、超根暗で内向的な自分にこの暮らし方が合っていたこと!

しかも、実際に行動に移すことで大事にするべきコツや力を抜いていいポイントを学ぶことができました。

 

「本当に旅をしながらライターってできるものなの?」

「できるとするなら、どうやったらできるの?」

「そもそも、ライターって職業はどこまで自由に生活できるものなの?」

こういう疑問ってやっぱりあると思うんです。

 

そこで、わたしが実際に旅する中で見つけたコツやリアルな情報を発信!こういった疑問を少しでも解決できたら嬉しいです。

詳しいカテゴリーやオススメ記事をトップページからご覧ください。

管理人、中馬さりの(ちゅうまんさりの)について

中馬 さりの(ちゅうまん さりの)

1992年、東京生まれ。文章ヲタクをつらぬき高校在学中にライターという天職にめぐりあう。夜ふかしが三度の飯より大好き。

icon-chevron-circle-right 詳細プロフィールはこちらから

現在は日本をふらふら一人旅しながら、美容医療、ウェデイング、飲食業界などをメインにフリーライターとして紙面やWebメディアで活動中。

icon-chevron-circle-right 制作・活動実績はこちらから

ぜひフォローお願いします!

icon-twitter 記事告知&活動報告twitter(@chuuuuuman)

イベント告知などはこちらでします

icon-twitter ライター中馬さりのの中の人(@sarino322)

旅の中で思いついたプライベートなことを発信中

icon-instagram 旅や取材で見たもの書評などを発信するInstagram