管理人、フリーライター中馬さりのについて

初めまして、中馬さりの(@chuuuuuman)です。

文章を書くのとフラフラ自由に過ごす時間が大好きで、文章ヲタクを貫いていたらライターという天職に出会えました。

当ブログではライティングに関する知識、書評、美容関連など、わたしが興味のあることを考察、発信していきます。

このページは私に少なからず興味をもってくれた方に向けて、自己紹介をしたいと思い書きました。

フリーライターの中馬さりの(ちゅうまんさりの)です!

さっそくですが、中馬さりの(@chuuuuuman)と申します。

よく契約書を交わすときに驚かせてしまうのですが、本名ですし、日本生まれ日本育ち。

彼氏にも中馬って呼ばれてしまうこと以外は、インパクトがあって好きな名前です!

現在はフリーライターとして美容医療関係や、地方紙で結婚式場や飲食店の取材、社交ダンスメディアでインタビューや対談記事の執筆をしています。

いわゆる好きなことを仕事にしちゃった系の子ですね。仕事が楽しくて楽しくて仕方がありません!

好きなものは夜ふかし!読んだ後に気分が上を向く文章をこころがけて書いています。

日本でうまれる1992年2月

わたしは、絵にかいたような九州男児の父、倹約家で保守的な母、努力家で賢い弟という家族で育ちました。

でも、正直いうと家族でどうこうするより、とにかく本を読むことに全力だった幼子時代(汗)

朝から晩まで市立図書館に入りびたっていました。

小学校4年の時にはミステリー好きをこじらせて、自作小説をコンクールに応募ししちゃったり。

結果は佳作止まりでしたが、今でも長文が苦じゃないのはこのときの経験があってこそかなって前向きにとらえています(笑)

楽しかった1つめの普通科 高校時代

高校生活は、東京都かわいくない制服ランキングNo.3の学校で過ごしました。

まあ、今思えばかなり楽しかったし人に恵まれてたんですけど・・・それでも、高校時代はとにかく焦りの時期でした。

文筆業への憧れは大きかったのですが、お金が稼げなきゃ仕事にはできない。少しでもはやく、書くことで結果を残したくて仕方がなかったんです。

そのためにアルバイト後の夜間は小説作成でフル活動。朝、学校に行くことをどうしても大事だと思えず、どんどん後回しにしていました。

結果、高校2年生の冬に出席日数が足りなくなりました(苦)

高校2年生をもう1度やるか、それともここでやめるかという分岐点にたたされて、もう1度自分がしたいことを考えてみました。

そこで思い立ったのがライターという選択肢だったんです。

結果的に学校を中途退学。色々考えた結果、週1回の登校で済む通信制の高校に中途入学しました。

もちろん両親は大激怒。執筆業になりたいことも言えずにいたので、おとなしい我が子が中退して、しかも次の学校を決めてるっていうんだから驚かせたと思います。

でも、当時はこれでようやく自分のやりたいことに本気で向き合えたって、嬉しかったのを覚えています。反抗期か・・・?

2つめの通信制 高校時代

中途入学したのは通信制の高校。東京都立 新宿山吹高校です。

この高校はまさに「ぬるま湯」のようなところでした(笑)

通っている年齢もいろいろ、性別もいろいろ、学校が週1しかないぶん他に大切なものがある仲間たち。

ここで、思いっきり好きなことを仕事にするための試行錯誤ができました。

通信制高校ついては以下にてまとめています。ぜひ見てみてください、案外おもしろい世界ですよ!

通信制高校&中退カテゴリーの記事一覧をみる

1日13時間越えの勤務時間で23連勤をし続けるフリーター生活

まあでも、この通信制の高校の時代はとにかく働いていました。諸事情で、とにかくお金が必要だったんですよね。

朝の5時半から15時まではデニーズ、17時から22時までは木曽路という飲食店、そのあとはライター業務。今思うといつ寝ていたんでしょう(謎)

しかも23連勤とかしてたから普通に身体を壊します。ここで、時給で生きることとかもろもろの限界に気づいて、自己啓発本を読み始めました。

もともとミステリー大好きっ子なので、深層心理的に幸福を与えるライティングとか、コピーライティングの世界にハマりはじめます。

大学卒業後、アパレルメーカーに勤務

そんな中、大学は文化女子大学に進学。

美意識の高い友達が多くて、自然と自分も興味をもつように。美容ライターの仕事も増やしはじめました。

その後はアパレルメーカーで営業事務をしつつ、自信をつけました。

2016年から現在


24歳のときにフリーライターとして独立。

あの鬼のバイト生活で自分の限界ラインを知っていたからこそ、OLとライターの両立は難しいって決断をできたのだと思います。

色々な人に勉強させてもらいつつ、小さい頃に夢見た「書くこと」を中心とする生活ができるまでになりました。

そこから紆余曲折をへて、今もいろいろなことに挑戦しています。

写真はお仕事で読まれるWEBライティング講座を開かせてもらった時のもの。プレイヤーとしての自分から一皮むけた瞬間です。

今もミニサイトをつくったり、シナリオやWeb記事、紙面、講演などの仕事(=まわりの人に幸せに思ってもらうこと)を楽しんでいます。

当サイト「となりのちゅうまん」では、その中で得た気づきや、今の私の「好き」を伝えていきます!

もし、より楽しく生きたい、より幸せになりたいって人に有意義な発信ができたら私も幸せ。

フォローよろしくお願いします!

さてさて、ここまで読んでくださった方はぜひ仲良くしてください!

twitter

facebook

さらに、ブログ外で発信している以下のサービスもぜひよろしくお願いします!

毎週月曜日のLINE@

noteマガジン「つきいちちゅうまん」

これらの個人発信サービスについて、詳しくはこちらの配信サービスまとめページでご紹介しています。

また、ライターとして執筆した記事や活動の実績はこちらのページにまとめています。ぜひご覧くださいね★