旅行・旅暮らし

5月の長崎旅行記 ~大浦天主堂・グラバー邸・長崎ちゃんぽん・12段ソフトクリームなど~

弾丸旅行ですが、長崎に3日間ほど行ってきました。

おってYouTubeの動画でお届けしようと思うのですが、とても素敵だったので、ひとまずブログでもシェアします。

長崎滞在の記録

写真で振り返る形で、まずは長崎へ出発!

到着! 雰囲気がよくて歩いているだけで楽しい長崎。

偶然見つけた、「パフェとグラタン専門店 ハワイ 」。

日本中で2ヶ所しかない、果汁100%のジェラートが食べられるパフェのお店です。

店長さんおすすめのブドウシャーベットとお酒漬けラズベリーのパフェを注文!

このラズベリーがめっちゃ美味しかった~~~!

長崎に行ったらリピートしたいくらい。

続いて中華街へ。

角煮まん美味しい!

口コミの良かった長崎ちゃんぽんのお店「老李」へ。

この長崎ちゃんぽん、めっちゃ美味しかった~~~!

この慶華園ってところも口コミがすごくよくて行きたかったんですが、今回は営業日とかみあわず断念。

夕日を綺麗な場所で見たい!

長崎海辺の森公園から、長崎出島ワーフまでお散歩。

まるでディズニーシーみたいでした!

次の日は南山手へ。

絶対に食べたかった長崎南山手プリン。

綺麗~! 可愛い~~~!!

とろっとろ濃厚で美味しかった!

味も色々あります。

祈りの丘絵本美術館にも行きました。

建物自体が絵本の中みたい!

懐かしい絵本がたくさんあって楽しかったです。

大浦天主堂の真横に位置する「祈念坂」にも。

遠藤周作も気にいる静けさ……。

たしかに、納得かもしれません。

グラバー邸にも行きます。色んな建物があるフォトジェニックな場所。

このピンクと白の建物、すっごく可愛かった……!

アンティーク好きにはたまりません。

お庭も素敵でどこで写真を撮っても可愛い。

展望台スぺ―スも。快晴で気持ちよかったです。

SHOWROOMでリスナーさんが教えてくれた茶碗蒸しの老舗「吉宗(よっそう)」へ。

上品な味で美味しかった~~~♡

お腹にも優しくて、また長崎にきた時も食べたい!

せっかくなので平和公園にも行きます。

いろいろと思うところがありました。

何か制作に活かしたい……!

さらに! フォロワーさんが教えてくれた「お好み焼マツダ」へ。

12段ソフトを食べます!

事故でコーンが2つくっついちゃったんですが「オマケね!」って、そのままくれました。(時期も時期だしね)

優しい店長さんでたくさんお話もしてくれて嬉しかった!

長崎駅の「カフェ&バーウミノ」でちょっとお仕事!

季節のフルーツサンドが苺だったんです~~~!

これはもう絶対に食べなくてはいけない(確信)

甘さ控えめのクリームで美味しかった!

時間をあわせて淵神社へ。

長崎稲佐山ロープウェイで登っていきます。

日没までもうちょっと!

夕日も綺麗すぎる。

真っ暗になるとこれです! 綺麗~~~!

近くで大阪弁の男の子たち(たぶん学生さんくらいの年齢)が「エモ!」「そうか~?」「言うほどやんなぁ」って会話してたんですけど、

聞こえちゃったお姉さん的には「君たちが味わっているそれは、一度終えたら二度と戻れない『青春』と呼ばれるエモの化身よ……」と思いました。

仲良しそうなカップルさんもたくさんいたので、デートにもおすすめ!

翌日は「レストランフライパン」というお店でトルコライス!

美味しかった~♡ ボリューム満点!

とくに印象深かったのは「大浦天主堂」で学んだキリスト教弾圧の歴史

とくに印象深かったのは「大浦天主堂」で学んだキリスト教弾圧の歴史です。

ざっくりと学校で学んだことはあったのですが、やはり映像や絵、具体的な数字と一緒に歴史を知ると色々と思うところがありました。

私は無宗教ですが、こういう歴史やたくさんの人が生きた記録を創作活動に活かしていきたいなと思います。そのためにはもっとちゃんと知らないと……!

当時のキリスト教ゆかりの地はたくさんあるそうで、他にもたくさん勉強しに行きたいです。

とくに気になっているのは、同じく長崎県にある牢屋の窄殉教記念聖堂。

長崎県といっても久賀島なので、行くなら五島列島を制覇する勢い。近いうちに行きたいです。

「軍艦島」クルーズも行けてよかった

「軍艦島」クルーズもとってもよかった!

赤川次郎さんの「三毛猫ホームズの無人島」や、西木正明「端島の女」、大沢在昌「海と月の迷路」などなど色んな小説で舞台になっているから絶対に行きたかったんです。

天候にも恵まれて上陸することができました。

上陸している間、説明をしてくれたツアーガイドさんが軍艦島が無人島になるまで住んでいた方だったようで、当時の状況が目に浮かぶようなガイドをしてくれました。

(軍艦島は時代の流れとともに主要エネルギーが炭鉱から石油に変わったため、1974年に炭鉱採掘場が閉鎖され、住民の退去が命じられました。現在は無人島であり、世界遺産となっています)

「地元や生まれ育った地を出ていかなければならない」
「限られた水と土地を使う、人の作った生活」
「近代化する日本を支えた文化」

もう、どこを切りとってもドラマになるじゃん……!

長崎市軍艦島資料館も本当は行きたかった。次は行こうと思います。

この後は福岡に行きます

あと、まだ言葉にしにくいけれど、自分の意思で旅行ができる年齢・稼ぎになってから長崎の原爆資料館に行けたのが本当によかった。これも創作に活かしたい内容です。

この後は福岡に移動します。佐賀にも寄り道するかとっても迷ったけど、仕事やもろもろの状況を考えて我慢。

世の中が落ち着いたら、九州をぐるっとまわりたいなと思います。

ABOUT ME
中馬 さりの
旅暮らしの物書き。1992年、東京生まれ。文化女子大学服装学部を卒業後、アパレルメーカーに勤め、2016年からフリーライターとして活動を開始。現在は編集プロダクションLILYPRODUCTSの代表をしながら、ファッションブログや月額マガジンの運営をしています。
旅YouTubeをはじめました♡

ひとり旅をテーマにVlogやホテルのレビューなど情報をシェアしています。

よかったらこちらも見てもらえると嬉しいです