書評

【書評まとめ】いしいしんじ作品でとりあえずおすすめしたい本5選

タイトルのとおりです。

いしいしんじ さんの著書が好きすぎておすすめ作品をまとめたかった!

いしいしんじさんの本が好きすぎておすすめ作品をまとめてみた

突然ですが私、ミステリーやサスペンスが大好きなんです。

ただ、大好きだからこそより効率的に面白い本に出会いたい。

特に、いしいしんじさんの本って面白いですが量が多い! 多作!

なので、今回は個人的な偏見で「とりあえずこれなら間違いない!」というオススメ本5作をまとめてみました。

これからいしいしんじさんの作品を知るいう方こそ、ぜひここから読んでみてください!

いしいしんじさんのおすすめ本5選

ではでは、さっそく紹介していきます!

※なるべくネタバレしない感じでご紹介していきます

おすすめ本1.白の鳥と黒の鳥


1作目は「白の鳥と黒の鳥」。いしいしんじさんらしさを詰め込んだ短編集です。

いしいしんじさんらしい、ホッとするような温かい話もあれば、グリム童話を彷彿とさせる残酷でちょっとアダルトな話も。

とりあえずコレを読んでおけば、次にどの作品を読んでも驚かなくなると思います。

おすすめ本2.ぶらんこ乗り


2作目は「ぶらんこ乗り」。

物語は弟が残した一冊のノートが見つかることで始まります。

賢い弟がつづったノート。姉は、そのノートを辿りながら色々な記憶を巡っていきます。

暖かい、辛い、悲しい、厳しい、醜い、綺麗……あのときはわからなかった家族の心中を知る、少しだけ怖さを感じるいしいしんじ的ファンタジー感が楽しめる作品です。

おすすめ本3.悪声


続いて、「悪声」です。

ええ声を持つ少年が突然、悪声になってしまいます。声を主軸にした、これぞファンタジーという壮大なストーリー。さながら、ちょっとブラックな人魚王子って雰囲気です。

個人的には壮大すぎて読むのに時間がかかりましたが、読んでいる間は没頭できて楽しかった!

おすすめ本4.東京夜話

4作目は「東京夜話」です。

いしいしんじさんが見た、東京というものの顔。東京夜話なんて、恋愛もののようなタイトルですが、96年に東京書籍から刊行された「とーきょーいしいあるき」の文庫本です。

SFや純愛や人情ものなど、いろいろ詰め込まれた本作ですが、どこかロマンチックな雰囲気が香ります。

かくいう私も田舎出身なので、東京という甘美な響きがわかるんだよなぁ。ちょっとお洒落な気分になりたい人に。

おすすめ本5.トリツカレ男


5作目は「トリツカレ男」です。

何度読んでも、他を読んでも。いしいしんじさんの著書の中で私が一番好きです。

主人公はジュゼッペという少年。一度何かに夢中になると、とりつかれたように没頭してしまう男の子です。

その盲目さゆえに何度も何度も痛い目をみるのだけど、めげずにとりつかれていきます。

ある日、ジュゼッペは風船売りの少女・ペチカと出会います。ペチカにとりつかれてしまったジュゼッペは、彼女の笑顔にある『くすみ』を取ろうと奮闘します。

ひたむきなジュゼッペと、切ないペチカの純情さ……、号泣しました。

いしいしんじさんの作品をぜひ読んでもらいたい

書評を書いていても思ったけど、いしいしんじさんってやっぱり面白いな?!

他にも、いしいしんじ さんの作品と言えば多々ありますが、まずはこの5作品がおすすめ。

ファンタジー好きな方はぜひ読んでみてくださいね!

Amazonいしいしんじさん著書ページはこちら

こちらの記事も人気です

https://chuman.info/entry/himitu

https://chuman.info/entry/nnotameni/

ABOUT ME
中馬 さりの
1992年、東京生まれ。旅する物書き。プロモーション用小説の執筆、旅行雑誌への寄稿、編集プロダクションLILYPRODUCTSの代表、Webサイト運営などで生きています。小説はnoteで、旅暮らしの様子はYouTubeで発信中。
旅YouTubeをはじめました♡

ひとり旅をテーマにVlogやホテルのレビューなど情報をシェアしています。

よかったらこちらも見てもらえると嬉しいです