広告

なんやかんや文章を書いて生きている さりの(@chuuuuuman)です。

 

このたび友達の粋な計らいでオンライン英会話の NativeCamp(ネイティブキャンプ)を19日間だけ体験できることになりました。

英語能力が高校生から停止している私でも、19日間がんばれば多少は向上するのか?!

19日間やりきった暁には女1人、海外旅行を計画しています!

詳しい経緯を含めた目次ページはこちら

 

すっっごく私事なんですが……!

前回の後、寝ずに初詣に行ったりスマブラにはまったりしたら生活リズムが崩れに崩れ、ブログでの報告がおろそかになってしまいました。

社会不適合者な私……、「毎日やる」っていうのがとことん苦手なんですよね。

ただですね! NativeCampそのものに関してはしっかり続けました!

今回はブログ報告がおろそかになってしまった8日からの出来事をまとめておきます。

8日~19日までをかけて旅行英会話のテキストを進めました

結論から言うと、8日~19日までの期間で「旅行英会話のテキスト」をがっつり進めました。

タクシーの乗り方だったり、空港の乗り継ぎ時の英会話です。ずっと感じてたけど、こういう実用的な内容で勉強できるのは本当に良いポイントだと思います。

 

私の場合は19日という限られた期間だったので、ほとんど興味のある「旅行英会話」に費やしました。この旅行英会話は、レベルとして1~4という割と初心者でも頑張れる内容です。

なのでテキストを進めたとしても写真や図解、フリガナがふってあって優しい感じでした。

 

NativeCampのテキストには文法とかビジネス英会話みたいなのもあったので、そっちだとより濃い感じの内容なのかも。

英会話に精通する人達が注目している「カランメソッド」もあるし(なんでも上達がすごく早いらしい)、続けたらより英語に詳しくなれるんでしょうね。

アプリの使い方で新しい発見があるのは最初の1週間くらい。すぐ慣れました!

そういえば、アプリの使い方で新しい発見があるのは最初の1週間くらいでした。

最初の方のブログでは「先生からメッセージがきた!」とか「チャットログ便利!」、「メンテナンスなんてあるの?!」と驚く部分もありましたが、1週間も使えば慣れます。

先生をサクッと選んで毎回違う人とお喋りするのも、最後の方はまったく違和感なかったです。

英語を喋ることに限らず、英語に触れることも慣れればそんなに気をはることでもないのかもしれません。そういうことに気付くきっかけをくれたお友達とNativeCampさんには感謝です……!

 

また後日、NativeCamp総まとめの記事を書いて公開しようと思います!

 

 

詳しい経緯を含めた目次ページはこちら

ネイティブキャンプ公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
中馬 さりの

中馬 さりの

旅暮らしの物書き。1992年、東京生まれ。文化女子大学服装学部を卒業後、アパレルメーカーに勤め、2016年からフリーライターとして活動を開始。現在は編集プロダクションLILYPRODUCTSの代表をしながら、ファッションブログや月額マガジンの運営をしています。
広告